セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この世を見渡してみますと常にその場面場面において。

個人事業主であろうと公務員であろうと。
自ら仕事を創るという発想が益々求められるし、必要になってくるのかな?と思います。

これは決して収益率の向上だとか新規事業化したとか、起業したというような実現ベースではなく。

発想としての、それ。

そこで、「自らが仕事を創る発想」ってどんなんだろう?と。
ボケーっと考えてました。

仕事という文字を分解すると、ツカエル+コトですから、つまり。

徹底的に何かに仕えるという先にある発想かもしれないぞ?と。

なんでもいいので、何かに仕える。
それこそ必死にその対象の事を考え、そこに仕える自身を俯瞰する。

状況に応じて対応も変われば優先順位も変わる。

今まで当たり前と思ってやってた(やらされていた)事よりも、コレやった方がいいんじゃね?というのが見えてくる。

◆◆◆◇◇◇ ◆◆◆◇◇◇
結局のところ。
自らが仕事を創る発想というのは。

それまでの実績や、周囲の人脈や、人としての活発さとは別の所にある。

徹底的に何かに仕える事があったときに生み出される発想なのかもしれません。

ツカエゴト。

それが自身の中にある人は、ある意味とってもシアワセな時代になるのかもしれませんね。
ツカエゴト


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog