セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

『 教えるものが一番教えられる』
これはよく言われることです。

確かに教える立場ともなれば事前準備をしますし、その場での関わりなどを通して生徒側より学ぶことが多いかもしれません。

でも今まで僕にとって。
別の意味で“教えられる瞬間”というのが沢山あったなぁと。

それが、自分の元を離れていった人たちを思うときなんです。

離れていった一人ひとりの理由や距離感について、決してひとくくりにはできません。

でもどんなシーンにおいても“自問自答を繰り返す”。
これについては今も昔も変わらなくて。

教え方だったのか?
伝えたテーマだったのか?
関わり方だったのか?
学びの環境だったのか?
僕自身だったのか?

しかし、その自問自答が終わるときがあります。

それは自分の中に「この出来事が互いの自立や飛躍のきっかけとなる」と腹に落とし込むことができるようになって、なんですが。

つまり、初めは相手からの求めを受け入れ。
一方で離れていく(自立)様に導いていく。

そんな二律背反的な立ち位置は常に胸に留めておきたいですし、これもまた教えるものの宿命なのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog