セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

昨日浦和にあるサロンにお邪魔してきました。先日記事にも登場くださったNatural Happyの関口さん。
http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-1755.html

彼女はatsuというオリジナルメソッドを確立なさっていて。

2012年発刊した拙書『オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン刊)でも書きましたが、『日本人セラピストの中に宿る“慮る技術”』を、一連の流れや技術的に表現されていまして、それを体感できて良かったです。

で、施術中や送迎の車の中で彼女と語り合ったのが『伝承していく』ということについて。

出会ってきた多くの伝承セラピスト(造語です)が共通して語ることがあって。

「これってする側もされる側もシンドイですよねぇ」

でもイヤイヤやってるわけじゃない。
それをしてこれたのは、常に自分自身に問いかけてきた結果。

ちなみに生徒さんやお弟子さんにも色々なことを常に問いかけるそうです。
相手もそんなこと初めてだから、初めはえっ?という反応。

そんな“問いかけと反応の繰り返し”を続けることで、伝承されていく。

そこには技術の習得度合いや優劣さではない、あくまでも目の前の人間を育てるという発想がベースにあるのでしょう。

そんな覚悟を持つものが“伝承できる人”なんでしょうね。
関口さん

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog