セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今現在僕はいくつかのジャンルに関わっていますが、経営者や会社で中心的に活動されている方からよく聞かれるのがその売上(収益)割合。

実は昨日も聞かれました。

そこには側から見て「いったい本業はなに?」という疑問があるのかもしれません。

また一方でやってることが、すべて中途半端に見えているのかもしれません。

おそらく社会通念上では、売り上げや収益などから本業というものが理解されてくるかな?と思いますし、
ひとつの事に集中して事を成す(規模や売上)ことの美学みたいなものがあるのかなぁ?

実はなかなかその考えに馴染めてなくて。
(だから変わり者扱いされる)

今までやってることをあまり分けて考えたことがありません。

全部くくっての、全部ブレンドされてのそれ。

感覚的にその一つひとつが保てているので、全体の動きにバランスが保てている。

逆の見方をすれば、一つひとつをバラバラにして考えはじめた途端にバランスが崩れてしまう。

ですので、周囲からは不思議がられますがこのままでいいのかな?

なので結局のところ、変わり者扱いされ続けるという。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog