セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

広島でのお仕事を終えもみじ饅頭をお土産に買い、自宅に帰る前に向かった先は名古屋のとあるお店。

今回はそこで月に一度のペースで様々なシーンで出会った面々との食事会でした。

その顔ぶれは名古屋で主にフリーランスや事業主として活躍している面々なので各々やってることも面白いし、皆個性的です。

今回参加した面々では食に関するプロが二人いて。
マクロビオティック料理人と食空間コーディネーター。

二人が手がけた作品や番組についてはしょっちゅうテレビやラジオ、雑誌なんかで見かけます。

まぁ自他共に認める舌バカ&美的センスゼロな私にとって…二人のやってることはもう別の星のことのようです。

で、今回も運ばれてくる料理やその盛り付けに対して一つひとつのコメントが鋭い。

しかも決してうんちくばかりの評論家風でもなく、その後の食事がより深まるようなコメントの数々。

「いやぁ凄いなぁその視点。確かにそうしたら物凄く美味しそうに見えるわ」

「へぇ!その調味料だけで200レシピ作り上げて番組にしたの?」

そんな二人との会話を楽しみながら、目の前にあるものをひたすら美味しくパクパク食べる私。

知らない(できない)ことを常に自覚できていて、しかも中途半端に知ったかぶりせずに、素直に(楽しみながら)吸収できている状態であるということ。

つまり。僕にとって、とっても豊かなひと時でした。

ゆっつら

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog