セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

昨晩、渋谷にあるカフェ&バーのスプリングノートさんの所にふらっと寄りました。

お仕事でずいぶん活用させていただきましたが、今では特に用事もなく訪れてカウンター越しのマスターと雑談をし、オーナーとはプロレス談義などを。

昨日はそこで先客が。

色々他愛のないお話をしてましたら感性工学という分野における専門家ということをお聞きして。

その将来的実用化に向けて研究と学びを積み重ねている50代前半の方でした。

AIなどデジタルの世界で感情をどう捉えるか?(脳波とか言ってるうちは…とか)

仮にそれができたとして社会にどう適用していくのか?(例として美術館にどう適用させるか?などなど)

元来知りたがりの習性が疼いて色々教えていただきましたが、うーん。奥が深い。

◆◆◆◇◇◇
さて。様々な専門家が世の中にいますが、私が思いますに。

自分の専門性について極めつつある人ほど、無知な対象(僕です)に対してシンプルにまた謙虚に語れるのではないかな?なんて。

きっと極めつつあるからこそ、世間的に難しいことをわかりやすく伝える必要性を実感できている。

きっと極めつつあるからこそ、その分野に対して自身がまだすべきことがあると強烈に自覚している。

その証しとしての立ち振る舞い。

僕にとっては一粒で二度美味しい、そんなひと時でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog