セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

12月頭頃発売予定の新書のため新宿で打ち合わせした時のこと。

編集担当者とはいつも最後雑談するのですが、そこで
「全国飛び回ってるみたいですが、普段どのように“エネルギーチャージ”してるんですか?」と尋ねてきました。

エネルギーチャージですか?
うーん。

「滝行だね」とか、カッコつけたこと言いたいですがなにもない。

ちなみに彼は、
時々山の中のお寺に行き、禅の体験などでエネルギーチャージしているとのこと。

滝行なんて冗談でも言わなくて良かった。。

もうなんか絞りだそうと。俺のエネルギーチャージ法っつうのを。

結局イメージしやすいコレというのはありませんでしたが、
「自身との関わりと、ヒト(他人)との関わりのパターンを崩さない」ってことが僕のそれに当たるかも?

自身の事はルーティンを意識し。
他人との関わりはイレギュラーを意識する。というもの。

朝の散歩とか着る服や睡眠時間、コーヒーを飲む場所や髪型など。

ここ数年大きく変えません。
まさにルーティンな日常。

一方、他人との関わり方ではイレギュラーが前提。

例えば仕事が絡むステークホルダー、一旦その関係が終わってもそのままで終わらせず、むしろそこからの関係をちょっと大切にする。

目の前の仕事からは離れますのでなんとなく接点持つのはイレギュラーな感じですが、そこでのやりとりはいい意味で刺激となりヒントともなる。

自分自身の事はルーティン。
他人との関わりはイレギュラー。

ま、それが彼の言うエネルギーチャージかどうかよくわからないんですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog