セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

先日のこと。最近関わり始めたジャンルの1日勉強会に参加。
ぺーぺーな自分ゆえ、ひたすら大人しく一生懸命勉強してきました。

こうして新たな世界に一歩足を踏み入れ、リアルな場に出向きますと。

たとえそれがどんな世界であったとしても、多少の戸惑いが生じます。
それも期待感と不安感が入り混じったような。

これはネットや本などではなかなか掴めないものです。

そこで出会った人にその世界に足を踏み入れた理由をお聞きしましたら、もう本当に人それぞれ。

でも、そこに留まり学びを深めることを選択したきっかけは割と似通うのではないでしょうか?私が思いますに二つ。

そこに留まり、知見や経験を深めたその先に自らがいることが最初の時点でなんとなくイメージできる。

そして最初の時点で先人者たちから十分に受け入れられていると感じ取れること。

リーダーシップをとる人がそんなシンプルなことを認識してるプロジェクトやチーム、諸団体などのグループは。

いい意味で人の流れができてます。

逆に。先人者たち(しきたり)を受け入れなければそこに加われない、そんな雰囲気を醸し出すグループは。

期待感と不安感を通り越して、失望感からくる戸惑いに変わっちゃいます。

決して規模やネームバリューでは語れない、人の集合体の雰囲気といいますか。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog