セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

様々な職種の中でもクリエイターと言われる人たち。

彼らと話してますと、その独特の感性に感心したり思わず膝を打ったり。

でもここ5.6年くらいは。
そのポジション(職種や肩書)というより、その人の中に潜むクリエイティブな感性をじっと観察する様になり。

すると。職種がクリエイターでない人の中にあるクリエイティブな感性にも目がいく。

実はそれこそがどんな職種であっても活かされるキーワードになってきているというのに気づかされるわけです。

どんな職種エリアであっても、
身近な人のモノの見方が違っていて一人勝手にフツフツとしていたり。
『こーしたらもっといいのに』と常に妄想していたり。
別の職種でも近い感性の人を見つけて物凄い仲間意識が芽生えたり。

最近話題のAI(人工知能)。
「人工知能が発展してもクリエイターは生き残ります」なんて言われてますが、

たぶんクリエーターという職種が生き残るんじゃない。

自分の中に潜むクリエイティブを見つけ、それに素直に従った人こそが各ジャンルにおけるクリエイターとして生き残っていくのだと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog