セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフェッショナルな人のプロフェッショナルなお仕事。それは決して華やかなものだけではありません。

実は今までの経験則や実績などをベースに、求められた先方のリクエストに即して提案するという“行為の繰り返し”の部分があります。

(本人の自覚と周囲からの評価にズレがあることを承知で言えば)僕自身もまた日々その行為の繰り返しをしています。

そんなアウトプット(提案)をずっと続けていますと。。
提案に繋がるための“自身の中の情報”が枯渇したり、情報そのものが陳腐化されてきます。

あれ?なんか言ってることがワンパターンだな。と自ら気づくのならまだしも。
周囲から指摘されたり、離れてからではある意味遅いわけで。

一旦何もかもリセットしてインプットに集中する、という方法もあるにはありますが。
アウトプットしながらそこに新たなインプットをしていく方法もあるにはあります。

感覚的なモノ言いになりますが、もうそうなると一人勝手にアドレナリンが出てきます。

そうするために必要なことは何か?と言えば、紛れもなく机上の空論としないための自分なりの仮説の裏付けを取り続けるということでしょうか。

現場に触れてみたり、
エビデンスデータをとってみたり、
先人者の声に耳を傾けたり、
社会全体を俯瞰したり。

一見非効率ではありますが、それが一番効率的でもあります。
目覚めも良くなりますし。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog