セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

先日撮影についての記事を挙げましたが、データ受け取ってからも
『へぇ。。オレ普段こんな顔してしてんだ』とマジマジと見てしまいます。
A

B

C

D

E

まぁはたから見たら。
自意識過剰で溺れ死んでる感じでしょうけど。

当日はカメラマンと他愛なく様々な場所でお喋りながら時々彼がカメラを構える、というスタイル。

今まで仕事のシーンに応じて何人かのカメラマンに撮影をお願いしていますが、
つくづく感じるのはカメラマンによってこうも違って映し出されるのか?ということ。

最初は機材の違いや当時の僕の状態かな?とも思ってましたが、どうもそうだけじゃなさそうです。

まるで、カメラマンの核の部分が被写体の僕に反映されているかのような。

翻って僕も。
自身の核となっている部分が仕事その他で相手に反映されているということもまた、認識しておく必要がある。

つまりプロである以上、自己の核になる部分の影響も加味して仕事に取り組もうと。

だからこそ生み出されるもの一つひとつに命がけになれるのでしょうし。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog