セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

只今、成田へ移動中。
自宅から成田までの時間と日本からベトナムまでのフライト時間がほぼ同じなんですよねぇ。

さて、今回のベトナム探訪。
期間も数日ですし、エリアも限定されてます。でも見るもの聞くことすべてがきっと初めて。

今回のアクションのきっかけ。実は、去年末発刊した書籍※です。

その中でセラピスト・シェルパを30カテゴリーに分けて紹介したのですが、唯一実際にインタビューできなかった存在がいまして。

それがインターナショナルアテンダントという、日本国内で活動するセラピストの活動フィールドを世界中に広げ繋げていくシェルパ。

執筆中、これだけは具体的な人物がパッと思い浮かばない。

なのにこのシェルパについてはどうしても載せたい。

たぶん今はいないけどこれから必ず必要とされ、存在としてクローズアップされるはずだから。という根拠なき思い込み。

「数年後、こいつを手にしたセラピストが『この本のおかげで世界中に活動範囲が広がりました!』ってメッチャ感謝されますから、ね?』

と編集担当者を説得し、晴れて掲載に至るわけです。

しかし発刊後。
僕に一つの宿題が課せられました。
そいつを見つけてこい、という(苦笑)

一方で。見つけられなきゃどうする?やれんのか?という自分の中に湧き上がる気持ちを抑えられなくもなってきて。

まさに『湧き上がる好奇心に鈍感になるな』です。

ということでどうなるかはまったく予想もつきませんがとりあえず、ベトナム行ってきます。

あー。それにしても成田まで遠いな。

きっかけは
※『セラピストは一生の仕事〜心づよい味方となるセラピスト・シェルパ30』(BABジャパン刊)
http://www.relax-d.com/contents_1180.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog