セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スタバに長く通ってますと、とっても微笑ましくて好きな瞬間に立ち会うことがあります。それは、

以前スタッフだった人がしばらくしてお客さんとしてやってくる瞬間です。

少し照れくさそうにパートナーを連れていたり、お子さんを連れて親顔していたり。

現スタッフも再会をとても喜びますし、その人もそこで関わった人や空間を懐かしむ顔で溢れています。

ちなみに僕の顔をおぼえていたりすると『あっ!』という感じになるんです。
その瞬間その人のシーンの一部として僕も組み込まれていたんだと思えてこっちも嬉しさをお裾分けされます。

なんでそんなに嬉しい気持ちになるのか?

それぞれ立場は違えど、居場所がココにあったという証であり、以前も今も受け入れてもらえているという気持ちもなれるからなのかな?

おそらくそれはどんな事業組織でも同じで、その場で働くスタッフは報酬を得るという目的だけでなく、
その場にいることを承認され共に歴史を積み上げてきたという体感を得る事の価値を見出しているから。

染み付いているそれこそが、後になっても何より大切なこととなるのでしょう。

翻って(ひるがえって)。
常にその空間を生み出そうと意識している事業体やリーダーは最も大切なことの一つをなされているということですね。
スタバ再会

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog