FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

『好きを仕事に。』
若干使いこなされた感のあるこの言葉ですが、それでもインフルエンサー(著者など)は好きなことを突き詰めることが仕事につながることを発信されていますし、やはり周囲でもそのオシゴトぶりのベースに好きがあるのだろうなぁ、と思う方はなんだか魅力的です。

実際に発しないまでも好きなことを仕事に繋げようとしている方は僕の周囲にもたくさんいますし、実際に支援をすることがあるわけです。

そんな人に対して。いつもこの二つの言葉の間にある、言葉にはなかなかしにくいニュアンスに注目します。

好きを仕事に変換させていくもの。
それは、偶然とかアクションとか時代とか業界とか運とか得意とか努力とか絶対数とか時間とか人とかオーラとか想いとか。(これらも言葉にしちゃうと陳腐化しちゃうんですが)

人それぞれなのですが、好きという主観と仕事という客観の間にあるもの。
その間(マ)に注目すると言いますか。

人がこの社会で何かをするときには、そんなものをパズルの様に組み合わせた先で「好きという主観が仕事という客観」へ繋がっていく。

どれだけ沢山のパズルに注目できているか?やどんな組み合わせでどんな作品となっていくかを想像できてることがやはり大切なんでしょうし、僕のこういったシーンでの支援テーマとなります。
好きを仕事に

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog