FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

僕がスタバに通い始める様になったのは12年前のこと。

当時子どもたちは6.7歳。
やっと朝寝る様になって週末自分の時間を取れる様になってきた頃でした。

それまでは近所のカフェにいってたのですがなくなってしまって。
ちなみにいまや全国区となったモーニングが有名なカフェにもいきましたがまったくダメで。

たぶんコーヒーの味を極めたいと思っていないし、ましてやモーニングのコスパで評価もしない。

ただただ。自宅でもないし、職場でもない。
自分の時間を小一時間持てるサードプレイスが欲しかった。

で、たまたま近所をドライブしてましたら工事中になにやら人魚の看板が!

それから12年。
週に8.9回行くようになりました。

レジのスタッフに小声で『スタバ探訪記見てますよ』と言われ、思わず『シーっ!』と指で自分のクチビル押さえたり。

それでも。
元はと言えばしょぼい発想や活動のアイディアも、日頃アップするこういった記事も発刊してきた書籍たちもまた。

全国各地のスタバの環境があったからこそ。

なので。僕にとってはかけがえのない場所であり通い続けることで恩返ししてる感もあり。

それは『お店通い』というより『自身を探訪する道』であり、僕にとってはまさにスタバ探訪道。

12年ありがとう。
スタバ探訪道

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog