FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

自分が何を目指しているか?
自分のしていることはどういうことなのか?

それを常に的確に。言葉に表現出来る人はなかなかいませんね。僕もまた自分のやってることの表現方法で一番頭を悩ませます。

例えば一つの事例としてセラピストの学校のオープンキャンパス。
自分なりに
『セラピストにとってのサードプレイス(第三の場)学びと交流、安心、安全な場所。』
と言葉づけてやり始めましたが、本当のところ始める前は暗中模索状態。

でも動き始めてみて。そこから出てくる参加者からの言葉を通して改めて気づかされ教えられます。

先日大阪で参加くださったベテランセラピストのブログ※では、それを評して。
■初心に戻れる
■再確認できる
■新たに知ることが出来る
■夢が語れる
■悩みが話せる
■不安を解消できる
■分かり合える、などなど。
変に難しい言葉ではなく箇条書きにされると妙に納得します。

また同じ場にいた別のベテランセラピストは、SNS上の記事で
『谷口さん主催の懇親会で出会うセラピストの方々とお話をさせていただいていると、武将が戦国時代の古傷を見せ合っているよう。私もスネにいっぱい傷があります。
かつて敵同士、今仲間。中立的な立場に居つつ闇討ちさせない正しい戦い方を教える方です。』
との例え評。
情景が思い描かれてこれもまた納得。

たぶん自己客観視できるということは。
自分で自分を上手に言語化するということだけでなく、周囲の意見を受け止められているということでもあり。

つまり。たとえそれが辛辣なものでもピントはずれであっても。
常日頃から周囲に評される存在であれ。
ということだと思うのです。
自己客観

※『ありのままで え〜やんか〜。』
https://ameblo.jp/essenceyanen/entry-12404734426.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog