FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11月も半ばとなり。
来年のスケジュールなどがポツポツ入ってきますと急に年末が近づいてきた感覚となります。

よく来年こそは!と言いますが、年が変わった瞬間にガラッと変わるわけではなくて。

徐々に潮が満ちたり引いたりするように。でもその大きな流れは続いていくような風に感じてます。

それは各ステージにおけるプロとしての、日々の活動上のサイクルにも重なります。

ちなみに僕が携わるセラピストの世界においては。
去年後半から今年2018年にかけて業界の移行期となっていると仮説を立てて発信しています。

その現れとして2018年から来年にかけていくつかの注目すべき個人セラピストの活動がより発展して目に見える形となってきたので。

それを伝えているのが名古屋、大阪、福岡で予定しているオープンキャンパス内での話。
【2018年~個人セラピストスタイル~活動編】
https://www.relax-d.com/contents_1415.html

具体的には様々な他業種との連携や法人契約、日本だけにとどまらない海外での活動など。

すでに札幌と渋谷では伝えましたが、準備している時の想像を超えているなぁと感じてるのは。

その場にいる彼らが『すでにそう動いているケース』がとても多いということでしょうか。

つまり。セラピストが個々において業界の移行期を感じ取って各々活動に取り入れている。という。

次にくるであろう業界揺籃期とはトライ&エラーを繰り返す中でカタチづくる時期でもあるので、まずはやってみようとするプロセラピストが増してくる。これはまさに、

必ず上手くいくから。というより。
失敗しても取り組んでみる価値がある。という想いが優っている者が、
潮が満ちるように増えてきている証だと思っています。

業界全体という俯瞰視点(ふかんしてん)で見れば。

それをロールモデルとして伝えたり参加者同士、ブレストできているのがこのオープンキャンパスでもあり、もっとたくさんのセラピストたちにこのことを伝えなくちゃ、と種を蒔き続けているわけです。
オープンキャンパス

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog