FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日は午後からセラピストの学校のオープンキャンパスが名古屋で開催されます。

名古屋でも3ヶ月ごとの開催ですが、オープンキャンパスという形で全国のセラピストたちと定期的に学びやディスカッションや交流の機会を持っていますと、わずか3ヶ月で“何らかの変化があった”と感じている人がとても多いということに気づきます。

これは個々で活動するセラピストにとっても。団体や組織に属したり、率いているセラピストにとっても同じくです。

『前回まったく考えてなかったことが始まって』
『どうもしっくりきてなかったのがいよいよダメに』
『動き始めたのがやっとカタチになってきたかな』
『何もしていないのではなく、今じっとしているという意識です』
『一旦、ガラッと変えていく必要があるので』など、事でも人でも動でも。

3ヶ月という期間は変化している感覚が鋭敏になっていたり、惰性とならずに言葉にしやすい期間のようです。

またこのオープンキャンパスに参加するセラピストとやりとりして感じるのは。

(講座や交流の機会など開催ごとのテーマはこちらでも用意しすが)参加するセラピストお一人おひとりもまた、個々のテーマを掲げて参加してるということでしょう。

そしてたまたまその場にいた初対面のセラピストが、その掲げたテーマに重なる立場だったり。不思議なくらいに自分のことのようにそのテーマに寄り添ったり。

緩やかな集合無意識を感じつつ、個々の活動を意識できるようなそういった場。

うまく言葉では表現できませんが僕も作り始めて気づくことばかりです。

個々で活動するセラピストたちに。
数ヶ月に一度はこういうリアルなコミュニティもあってもいいんじゃないかな?という想いを持っています。
オープンキャンパス

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog