FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

篭り生活もほぼ終わりかけの先日のこと。それぞれ同じ空間で別々のパソコンの前で作業する妻と私。

気づけばお昼過ぎ。
そういえばなにもたべてない。

パッと口にできるものでもと、近所のスーパーへ行くと。
お寿司のコーナーに鯖寿司が並んでます。

確か彼女は鯖と酢飯の組み合わせがたまらなく好きでどうのこうのと言ってたことがあったな。

コン詰めて仕事してますからすっと差し出せばきっと喜んでくれるだろうと。

彼女の分は鯖寿司にしてそっと机に置く。

しばらくしてやってきた彼女。
さりげなく待ちながらパソコンモニターを見つめたままの私。(こいっ!感謝感激の声)

とつとつとひとりごとのように、かつ遠くを見つめて語り出す妻。

『ちがうねん、、バッテラと鯖寿司は』

ん?鯖のお寿司がたまらなく好き、じゃないのか?バッテラ?

ひとりごとは続く。

『身の薄さといい、上に乗ってる昆布のあるなしといい、、ちがうねん。』

ひとりごとはなおも続く。

『そして。酢飯との黄金比もあんねん、、ちがうねん。』

そして。ふっと微笑み離れていく彼女。(しかしその鯖寿司は彼女のお腹の中に)

ちがうねん、、こっちが言いたい。なんかちがうねん。
鯖寿司

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog