セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

うちの事務所の近所にインド料理店があります。
その場所はホントにへんぴな場所でして。
今までに焼き肉屋、ラーメン屋などが幾つも入店しては閉店。
飲食には向かないんじゃない?そんな印象を持っておりました。




しかし、そのインド料理店には平日の昼間にも関わらず連日お客様で満席。
その情報を事務局長から聞いたのでふらっと寄ったのが一ヶ月前の事。


実はそれから数え切れない程利用しています。


ものすごい単純な理由なんです。
ただ時間をそこに費やす価値を感じるんです。

◇毎回選ぶのが楽しくなる様なメニュー構成(選べる組み合わせる)

◇籠から溢れんばかりの焼きたてナン。

◇ナンを残してしまいそうになったテーブルにだけ、そっと置かれる持ち帰り袋。

◇食べ始めてからでも甘さ辛さの調節ができるサービス。

◇水が三分の一ほどになるとすっと入れてくれる気遣い。

◇食後必ず『お味はいかがでしたか?』と聞かれる。



そう。たぶん飲食店ならアタリマエにできる事。

でもそれをインド人の青年がたどたどしい日本語と満面の笑みで面倒がらずにやっている。

そんな姿をお客様は価値としている。

僕は飲食ビジネスに直接携わっておりませんので素人発想なんですが、たぶん今後より大切になるであろう価値。




これはノウハウ化とか、効率的に表現しちゃいけない。

個人サロンオーナーさんのヒントになるかな?

その小さな風を掴んで欲しいと思います。

nan


<<トピックス>>

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校

セラピストスウィーツなど最新のお知らせは、登録無料の【セラピスト支援ニュース!】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
 
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
>
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog