セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

すすきのの朝。

気温は0度ちょうどですが、そんなに寒さは感じません。
風がないせいかな。

ホテルに荷物を置いたまま、身軽になって近くのスタバに逃げ込んでます。


ほぼお客様のいない早朝のスタバでふと考えますのが、
僕は注目されることに対して、心のどこかに窮屈さを感じているなぁという事なんです。

なんでなんでしょう…

出版イベントで全国飛び回ってる人間がなにをアホな?と突っ込まれそうですが。



思います所、たぶんこれは職業病かもしれません。
私が主に関わるセラピストたちの仕事もまさにそれが基本だからです。

彼らは自分よりもお客様を輝かせたり、クライアントをケアする仕事。
仮にセラピスト本人がお客様より目立とうとすれば、間違いなくそのセラピストは広がりと定着と継続性に欠けてしまいます。


また、ホンモノ(プロフェッショナルなセラピスト)とその半ばのセラピストの違いは、
相手を輝かすことができるだけでなく、その輝かせ方さえも特徴があります。


常にその事が頭にありますので、やはり注目されるのは…なんかダメですねぇ。

今日の札幌校での出版イベントでも、無意識に輝かせたい人を探し続けるんじゃないでしょうか?

_MG_5920


ま、僕には逃げ込む場所が全国に1000箇所ほどありますので…いっか。


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog