セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

商売をしていく中で、価格というのはフレキシブルに変えていきたいという思いと変えていく事での思いもよらない状況への不安が入り混じるもの。


開業時にメニュー設定で悩む様に、開業後は常にその事で悩み、相談をいただきます。

特に来年にかけて税制度も大きく変わる事を考えますと、そういう社会全体の流れ(景気動向含め)は無視できません。

と同時にセラピストのご相談を受けていて、値上げに対してはしっかり説明しようとするのですが、値下げについては説明に力を入れないケースが少なくないという事があります。

セラピストが携わる仕事(サロン経営やスクール運営)に関して今まで利用されているお客様、特に真のお客様を思う時、値上げに関して言えば事前説明が必要というのはすぐに理解できます。

しかし、実は値下げに関してもそのお客様にとって納得いかない場合、お客様が離れてしまうというケースがあるのです。

それがあなたにとっての、真のお客様であればあるほど。

すぐに、離れる事はないにしても心が先に離れ始め、何かのきっかけで物理的に離れます。

真のお客様は値上げに理由を求める様に、値下げにも理由を欲する。

それはセラピストと真のお客様の関係性を如実に表している一つなのだと思います。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog