セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつも名刺交換させていただく時など感じます。

携わる業種がいくつかにまたがりますので、なかなかその仕事内容を一言でうまく表現できません。
ですので一業種一名刺というわけではありませんが、名刺を数種類渡す事があります。

随分前のことですが、社員数の多い企業取締役からその事を指摘され
『一人の人間が名刺を複数枚持っている事自体、信用ならない』
と言い放たれた事も(苦笑)

ま、胡散臭いオトコだったのは否めませんが…


さて。
そんな中で去年末に書籍『即実行!オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン刊)を発刊した事もあり、その名刺タイプのデザインを依頼しており、それが手元にきました。

l


いわば著者という職業を表現する名刺。

そういったデザインに関して、依頼またはご相談する“魅せるプロたち”が全国に存在しています。

僕があまり細かな事を伝えなくても(いや、そもそも伝えられない)きっちり仕事を仕上げてくれます。

たまに名刺交換すると、
『このデザインした人間を紹介してっ!』なんて脅されたり…

彼らの仕事はまさに、
細部に宿る。ではなく、『細部に宿す。』

その頭の構造をなんとか分析したいのですが、なかなかそれも難しく。

名刺など僕を世界一カッコ良く?表現してくれる彼以外にも、
書籍内デザインをすべてしてくれた道産子デザイナー二人や、
セラピストの学校 ロゴ製作を手がけてくれたPTA親父デザイナー、
撮影から編集まで一手に引き受ける若手映像クリエイターなど。

純粋に憧れ、リスペクトしています。


ある分野におけるプロでありたいと思うからこそ、
この魅せるという行為について基本的な発想を身につけた上で、もっともっとそんな彼らに委ねてもいいのでは?

なんて思うわけです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog