セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【セラピスト個人の特徴〜エッジ】〜著者だから語れるその一文、その単語。

『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』を書き溜めていく中で、
「この一文に書き記したこの想いって伝わるかな」
「この単語はこう捉えて欲しいな…」そんな気持ちが著者としてありました。

日々新たな情報を得ることも大切ですが、
たまには一度手にした書籍を振り返るのも良し。そんな自戒の気持ちを込めて…

◆ 『セラピスト個人の特徴〜エッジ』(62ページ)

セラピスト個人の特徴として、売り、強み、個性、エッジというものがあります。

一つひとつ意味合いが違いますが、エッジという言葉だけカタカナでちょっと抽象的。

ちなみにエッジとは刃物やスノボーなどでいう、とんがった部分を指します。

元々そんな意味ですから、セラピストたちもつい“とんがり方”をイメージしてアクションをしがち。

しかし、ここで伝えたかった『セラピスト個人の特徴〜エッジ』とは、

【氷山の一角として海面から突き出た部分】をイメージしての事でした。

手っ取り早くとんがらせようと目先の事にチカラを注いでしまうのが日々の歩みに追われる我々の習性。

ですがプロフェッショナルとして、魅せるトンガリの下にある大きな氷の塊をしっかり固めよ!という意味でココに書き留めました。

つまり、本質を極めるには圧倒的な塊の量がベースとなる。
という事なのです。

これは本書で挙げたオンリーワンセラピストが、ポツリと私に呟いたコトバがヒントになりました。

『本質を極めるには圧倒的な量をこなさなきゃ』

少なくとも圧倒的な量をこなしていく覚悟。もってますか?

【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

g


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ〜セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと〜ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート〜『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog