セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

導く側の誘惑。

明日からの福岡、北九州、長崎、東京と4日間の出張。

私はセラピストや個人事業主を対象に経営面や運営方法、また新たなビジネスモデルの構築などのお手伝い、つまり『人をサポートする仕事』をしています。

そんなこんなで10年近くたちますと、同様のお仕事をなさっている面々(コンサルタントも含め)と関わる事も多々あって。

コレは私だけではないと思うのですが、意識無意識関係なしにサポートする側の欲求というのがでちゃうなぁ…と感じる事があります。

それはなにかと言いますと、自分があたかも『魔法の杖』を有しているかの様に振るまいたくなってしまうという…

まぁ導く側の誘惑と言いましょうか。

自分に魔法の杖があるかの様に振る舞うと、当初はどんどん回転し始め上手くいくかの様に思い始めます。

が!
それはいわゆる共依存の関係の始まりとなり、

そして互いの所有欲求と囲い込みの中で破綻につながっていく…

こんな偉そうに言ってますが、私もどれだけその関係バランスに苦慮してきた事か(涙)

もう、こうなってしまうと大変です。

で、時々は自戒するのです。

『サポートする我々は、結果としてカリスマと呼ばれる存在を生み出す事はあっても、
サポートする本人が決してそれを目指してはいけない』
という事を。


そんな事を肝に命じながら…明日からの出張道具をカバンに詰め込んでいたら妻が、

『明日から母子家庭〜』と鼻歌。

あの、よろしければ今晩カレーでも作りましょうか?

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog