セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

昨日は数日の東京出張で、たまった事務仕事を朝から事務局で。

で、その晩のこと。
着替えをカバンに詰め込んで関西方面の新幹線にまた飛び乗っててました。

それは今日午後からセラピストの学校大阪校があるから前日入り…ではないんです。


(話は飛びますが)
僕には10年程前に名古屋で知り合った男性サロンオーナーの友人がいます。

10年の間、彼は僕が新たにやろうと思う事を否定した事は一度もない。

ですが、僕が心の中で『うーんなんか違和感感じるなぁ』と思うプロジェクトを抱えていると、その事を的確に指摘してくれます。

つまり、僕の初め方より終わり方を感づいてくれる数少ない人間です。

そんな彼の経営しているサロンが10年を迎え、ひと時の休息を込めて京都一人旅をしていると聞いていました。


(また話はとびます)
僕がセラピスト支援を初めて一番最初に2004年名古屋で開催した集客に関するセミナー。

前述のサロンオーナーのお店を間借りしての開催だったのですが、
そのときにワザワザ京都から来てくれた施術家のオトコがいます。

今では、京都太秦の映画撮影にくる俳優さんの身体のケアなどをしています。

そのオトコも実は自分で看板出して10年を過ぎたばかり。

三人は滅多に会わないけど、互いが互いになんとなく繋がっている関係。
考え方なんかも合う。

そんな施術家のオトコに、今回の事を前日に電話したら再会を二つ返事でオッケー。


京都の一角。
由緒ある日本酒の蔵元がやってるいい雰囲気の居酒屋で。

どんなプレゼントよりもできること。
それはその瞬間共に過ごすこと。

なぜなら互いに横目で存在確かめ合いながら10年間、前を向いてきた戦友だからなのでしょうか。

戦友の祝い事に四の五の言わずに駆けつける…

ま、それが仁義ってもんでしょ。



あれ?なんだか任侠映画みたいだぞ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog