セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

札幌でのセラピストの学校を終え、二次会の場で。ススキノの路地深く入った一軒のお店。
数人入ればいっぱいになってしまうような。

そこで7.8年前に僕が北海道にくるきっかけとなった一人の施術家とのやりとり。

『なにか一つのデカイ事をする』
なんて根拠なく思っていた時期から、たくさんの出会いや関わりを通してもっと違った感覚に変化してきたね、と。

うーん。でもそれがどういう感覚かうまく言葉に表現できないなぁ。
そこで互いに今、何を考える?と話が続いて。

結局それは次世代の事だ。
ま、でも最初からそんな思いはなかった。

「自分がコレをしたい!という思いでなく、むしろ他者からの渇望を捉えた先にしか天職は見つからない」と何かの書籍で読んだのですが、
彼は整体の技術を教えている子に、整体の技術を超えたなにかを伝えようとしている。

うむ。セラピストの学校での僕もそうだ。
またレクチャリングアカデミーのメンバーには、メソッドを超えて次世代に伝承されていくなにかを静かに、かつ必死に伝えている。


『大丈夫。種はまいたから。あとは己のチカラで芽が育っていくよ』
そんな言葉をかけ続けていくんだろうね、と。


カウンターごしで忙しく働くそのお店のオーナーさんが、
以前北海道のセラピスト業界に大きな影響を与えていたとの事も頭の片隅にありながらの、夜。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog