セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

無数の押しピン。

昨日名古屋駅で札幌と名古屋のセラピストとお会いしたときのこと。
札幌の彼女がその事をFacebookで記事にしてくれたんです。

そうしましたら、お二人がセラピストとなったきっかけを作られた共通の先生と僕は7.8年前に横浜でお会いしていたという事が、思いがけず判明。
そこでまた一つ、つながりを持つことができました。

“人との出会い”はすべてお仕事や何かに直結するわけではありません。

しかし、その一点をしっかり押しピンで押さえておきますと、どこかとどこかでつながってきます。

ただその点と点が繋がる線だけでは、別段目に見える大きな変化はありません。
でもそこで終わらせちゃいけない。

いくつもの線が生まれてくる中で、今度は線と線が繋がる瞬間が増える。そして…面となる。

この面となった時は、大きなうねりとなる。
でもそれは結局、無数の押しピンの数がなしたものに過ぎません。

僕もラクしたいですので、一気に押しピン押せる方法になびきたくなりますが、
効率的にとか時間短縮とか、人より加速することばかり頭に入れすぎるとその押しピンは結局すぐに倒れちゃう。

FacebookなどのSNSは、ある一定の広がりを超すと弊害などが起こったりメディアなどで語られたりします。
しかし、純粋な使い方をしているだけなら悪いことばかりじゃない。
結局の所、使う道具じゃなくて使う人間なんでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog