セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ちょうど一年前のこの時期。
一つの仕事において区切りの時期でした。

それは自分が手掛けた書籍が印刷されて手元に届いたということで。
『即実行!オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン刊)が発刊されたのは一年前の11月20日のこと。


本を書くという仕事。
僕のキャパシティでは…常にイッパイイッパイ。
とっても濃く集中する時間がずっと続く訳ですから、しばらく抜け殻みたいになってました。

実は先日お世話になった出版社に訪れた際に社長から
『いまだにずーっと(ポツポツと)出てるよ』と声をかけられて。
二年前に初めて打ち合わせした際に「ロングテール戦略でいく」と言われた言葉を懐かしく思い出していました。

本を出すという仕事にたくさんの人が関わる事には異論を挟む余地はないなぁ。

最初の書籍『福業のススメ』(あさ出版刊)についてもヒントをくださったプロデューサー、編集担当者だけでなく営業担当者や書店さん。
発刊後にソーシャルメディアやリアルな場面で積極的に発信してくださったり、実際に購入くださった方たち。
今回の書籍に関してはそれに加え、快く情報提供してくれた全国のセラピストたちや、デザイン全般や製本に関わってくださったプロフェッショナルたちなどなど。

数えればキリがありません。

著者はあくまでも御輿に担がれただけであって、それを支える面々がその重みを真摯に受け止めてくれなければバランスは崩れます。

最近はずいぶん出版に関してハードルが下がってきたかの様に言われていますが、いやいやどうして!

各ジャンルのプロフェッショナルたちが力を結集する作品という点で、僕にとっては大変な仕事です、はい。
ということで。

時を経て
なお愛深まる
我が本よ。

本オンリーワン


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog