セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ヒト同士であっても。
シゴト上であっても。

何かの問題が起こった際に、こちらから出向いたり連絡する必要があるケース。

日々コレやってきます。

遠いんだよなぁ…
相手も忙しいだろうしこっちも…
正直怖い…
めんどくさい…
どうしていいかわからない。

と、まぁできたら行きたくない、連絡取りたくない。

踏み出す理由は大抵一つか二つ。
踏み出さない理由はたくさんある。

ただ。
踏み出す重みと、踏み出さない重み。
この重みに鈍感であってはいけないなぁと。

僕自身こう考えます。

なぜなら待つ側はその重みに敏感だから。
遠かろうと、忙しかろうと、怖かろうと。

一歩踏み出すその瞬間の重みをじっと見ている。

年齢とか業界歴とかではなく、やはり人としてキャリア積んでる人はこの辺りの重みに敏感ですから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog