セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今回のベトナム探訪の旅。
実際に色んな所に出向き、様々な出会いもあり、諸々可能性を見出せた旅でした。

ただこの旅。
最近なぜかつまんなくなってた自分の見方を知る旅でもあり。

その点ビーチが歩いて3分っていうのはすごくいい!
砂浜歩いたり海に浸かったり。
ベンチに腰掛けてボーッとしたり。

それからベトナムで暮らす様々な人たちと実際に触れ合えたのもホントに良かったなぁ。

片言の英語とスマホ片手で必死に伝え、相手も身振り手振りで応えようとする。伝わったときは互いに純粋に嬉しくて。

なんというか、非日常ゆえに本来の日常を取り戻すという。

もう一つの“なさそうでありそうなもの”はしっかり手に入れたみたい。

ということで。
今回のベトナム探訪記はこれでおしまい!
砂浜

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日はスパ巡りでございました。
正味六時間オイルにまみれる!

今回はホテル併設ではなくいわゆる街スパというサロン。路面に出店し観光客も現地の人も利用する様なサロンでの体験をメインとしました。

ダナンという街は小さな街だけどリゾートエリアということもあるのでしょう。
一軒家やビル一棟の街スパがものすごい多い。

奥まった所にも二軒続いてスパだったりして、日本で言うとコンビニくらいな感覚で道ごとにあります。

まずは街をフラフラと歩きながら。
街並みの風景に自然と溶け込む、そんなサロンをいくつかピックアップ。

周囲との溶け込み。
実は街サロンにとってとても大切と思ってます。

たまたま目に入った時に見るものに強く押してこない、こちらを能動的にさせる(するとその場でサイトをチェックしてくれる)そんな造りができてる所はいいなと思ってます。

で、今回はこんな雰囲気のお店を見つけて入店。
N

M

そしてフロントスタッフの対応などを見てメニューを決めたり、そこからの導線や空調、着替えのスタイルやタオルワーク、そしてファーストタッチ。
L

K

ベトナム人女性スタッフの平均的な手足の長さや大きさ、力加減、身体の使い方。僕へのボディコントロールなどなど。
J

I

G

まぁレポートを書くプロフェッショナルではないですが、今回勝手に自分自身に対して“鬼の三箇条”なるものを立てました。

その1.寝るべからずっ!ウトウトは記憶が混同するのでダメだ。
その2.すべて忘れるべからずっ!頭の中で“同時文字化”するのだ。
その3.一瞬一瞬はたまらなく気持ち良くなれ!スパ中で頭を回転させ過ぎると身体も硬くなるゆえ。

ちなみに技術そのものは個別スタッフのスキルによるので今回はあまり気にしません。

しかし同じオイルトリートメントでも店舗によって流れは大きく違いましたねぇ。
おそらくこれは各店舗の歴史的背景によると思います。

そのうち一軒のお店でフロントスタッフと色々と情報交換。

旦那さんが有名なスパでマネージャーを務められてその後独立。
その旦那さんが技術もすべて教えているとのこと。

サロン内も撮ってもいいか?と聞いたら自撮りでのツーショットと勘違いされた様でなんとも言えない顔でカシャ。
F

ちなみに今回はそのお店が一番日本ハイクオリティサロンに近いなと感じました。

またそれは万国共通のポイントなのかな?とも。それはまた今度どこかの機会で。

ダナン最後の夜は越日文化交流フェスティバル。
まさに日本のお祭りの雰囲気で若者が普段とは違うシーンで各々楽しんでいたり。
E

D

そこで、日本での活動を夢見る方たちのコンテストもあり、スポンサーでもないのに最後ステージに上がり記念撮影までされるというラスト。
C

B

でも登壇してみて舞台から眺めたときに。ベトナムの人たちが一種の憧れとして日本をいかに見ているか?を疑似体験することができました。
僕は日本を代表してる訳じゃないのに(笑)

今回の旅のプログラムも終えて今日は早くにダナンを発ちます。
動物たちにはまったく懐かれなかった傷心と共に。
A


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

ベトナム入りしてから三日目。

お腹も壊さずホームシックにもならず。
怖いのはスゥィートルームみたいな部屋での生活に慣れてきてしまっているということ。

さて今回手がかりをと思っていたものの一つ。
・日本企業向けの人材育成、つまり日本語教育やビジネスマナー、スキル提供などをしている存在との接点、です。

もしベトナムにインターナショナルアテンダント※の存在がいるとしたら、必ず接点がこういった所ともあると思ったからです。

しかしそもそもそんな会社がベトナムに存在するのかよく分かりません(僕自身コネなどもありませんし)

そんな中、今回のサポートツアーのオプショナルの一環で訪問したのはまさにそんな所でした(ベトナムでは規模の一番大きな企業でした)

残念ながらダナン駐在代表が対応してくれるのは30分という短い時間でしたので社業について聞き、あとは。。と。

これもまた、細い細い一本の糸を紡いだ様な感じでまずは良かった。
日本語教育

入り口

そして午後から、ちょっとは観光しないと!と。

世界遺産なんかになっているホイアンに移動して観光。
ってか人が多いっ!そして全身から吹き出す汗。
人多いな

雑多な市場のフルーツなんかを眺めながら、綺麗な街並みを散策しました。
市場

日本橋ベトナム

川ベトナムの

そして4日目今日の探訪。
実際にスパやエステ、マッサージのお店を4.5軒回ってみます。

身体のもつ限り?受け続けて、日本のサロンとの違いやベトナムでの認識なども体感してみたいなぁって。


ベトナムで初めて出会った野良猫。
一切心を開いていないのがわかります。
野良猫
動物に心開いてもらえないのは万国共通と涙ながらに感じる三日目。

http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-2223.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
昨日のベトナム探訪スケジュール。
オフィシャルな場面が続きました。

午前は二つの企業を訪問。
そこではダナンという都市の、いわば経団連の会長みたいな立場の方とも懇談。
会長

午後はアジアビジネスカンファレンスという、ベトナム国内で活動している日本の企業経営者やベトナムの政府関係者や企業経営者などが一堂に会してのカンファレンス&パーティーに出席。
ライチ

フランス

日本とは違い、慣れない場面とスケジュールでしたが。やはり一日過ごして意味はありました。

もしベトナムでアクションすることになれば、一人だけ(もしくは日本人だけ)では絶対に前に進まないなぁと確信できましたし。

またそうならないための人の繋がりが、“一本の細い糸”の様ですができたので。

僕にとってはこんな細い糸を紡ぐ感覚こそが、ゼロからイチとするということでもあります。

『ベトナム人は“日本の品質”について憧れと信頼がある。あなたたちが我々を必要とするならミーティングをもっとしよう。』(前述の経営者から聞いた言葉)

細い糸ですが何もないのとはまったく違うのです。


ちなみにこの日可愛い野良犬にも会いました。
。。めっちゃ吠えられました。

ベトナムは日本を必要としてくれますが、ベトナムの野良犬は僕をまったく必要としていないと切なさも感じた二日目。
野良犬

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨晩遅くに現地入り。
なぜかのスウィートルーム並みな部屋で一晩過ごし、朝目覚めたらとっても綺麗なビーチが目の前にあって散歩してきました。

朝6時から海水浴楽しんでる現地の人たち。
とにかく来てみて感じているのは現地の人たちの活気。

クラクション鳴らしながら男の子と女の子が二人乗りバイクを走らせ、ビーチではしゃぐ。

どこを見てもゆっくりではなく動きのある空間です。

建物は建設中の高層ホテルと足元に広がるバラック。

夜はたくさんの人が街に繰り出して屋台でワイワイガヤガヤとおしゃべりに興じる。

これがベトナムのすべてではないでしょうけど、一言で言えば生きることへのエネルギーは受け取れます。

今日は現地の企業をいくつか訪問したり、アジアビジネスカンファレンスなるものに出たり。
とにかく目に入るものすべて受け止めたいと。

ちなみに食事はおいしくて、アサリのオバケみたいなのや春雨にまみれたカニとかを食べました。

ビーチ

街並み

アサリ

かに

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
只今、成田へ移動中。
自宅から成田までの時間と日本からベトナムまでのフライト時間がほぼ同じなんですよねぇ。

さて、今回のベトナム探訪。
期間も数日ですし、エリアも限定されてます。でも見るもの聞くことすべてがきっと初めて。

今回のアクションのきっかけ。実は、去年末発刊した書籍※です。

その中でセラピスト・シェルパを30カテゴリーに分けて紹介したのですが、唯一実際にインタビューできなかった存在がいまして。

それがインターナショナルアテンダントという、日本国内で活動するセラピストの活動フィールドを世界中に広げ繋げていくシェルパ。

執筆中、これだけは具体的な人物がパッと思い浮かばない。

なのにこのシェルパについてはどうしても載せたい。

たぶん今はいないけどこれから必ず必要とされ、存在としてクローズアップされるはずだから。という根拠なき思い込み。

「数年後、こいつを手にしたセラピストが『この本のおかげで世界中に活動範囲が広がりました!』ってメッチャ感謝されますから、ね?』

と編集担当者を説得し、晴れて掲載に至るわけです。

しかし発刊後。
僕に一つの宿題が課せられました。
そいつを見つけてこい、という(苦笑)

一方で。見つけられなきゃどうする?やれんのか?という自分の中に湧き上がる気持ちを抑えられなくもなってきて。

まさに『湧き上がる好奇心に鈍感になるな』です。

ということでどうなるかはまったく予想もつきませんがとりあえず、ベトナム行ってきます。

あー。それにしても成田まで遠いな。

きっかけは
※『セラピストは一生の仕事〜心づよい味方となるセラピスト・シェルパ30』(BABジャパン刊)
http://www.relax-d.com/contents_1180.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
明日からちょっとベトナムに行ってきます。
残念ながら夏休みのバカンスじゃなく、ガッチリビジネスでもなく。

“なさそうでありそうなもの”を見つけに、という感覚です。

自身が今まで携わってきた分野において。
世界から見たそれってどうなんだ?という好奇心や、今の環境状況このままでいいんか?数年先は。。いや確実にイカンよな、という本能もあり。

僕自身にとっては。
今このタイミングで何か一つでも掴むきっかけを得るために。
その第一歩に過ぎませんが。

なのでしばらく数日はスタバ探訪記ならぬ、ベトナム探訪記となります!
ベトナム探訪記

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


かれこれ10年以上付き合いのある男子三人でご飯。

生まれ育った環境も年齢もプライベートもバラバラ。もちろん今の活動も。

唯一、共通してるのは性別と『雇用されていない』ということくらい?

そんな立場だからこそ自由でもあり、かつ関わる分野や自身の状態でうねる波をモロに被り続ける身でもあり。

そこで他愛もない話をしながら直接的に助けることはできない代わりに、自分がができることでフォローできないか?と模索する。

僕にとってはそのあたりの距離感がとても居心地が良いのです。

昨日はどれも美味しそうで一つに決められず、シメのラーメンを回し食い。

オッさん同士肩肘張らなくていいメンツです。
シメのラーメン

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

資格申請の関連書類を送るとのことで、せっせと住所記載する高3次男。
封筒
宛名書きに謙虚さをアピールする必要は、ない。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
各業界や地域やコミュニティ、または組織の中にあって。
“フロントランナー”という存在がいます。

これは肩書きやポジションがそうだという訳ではなく、発想であったり視点であったり。その言動や行動の意味をいつも後になって周囲は気づきます。

なので周囲の人や関わる人はなんとなく頭の片隅にいつもその人を意識しています。共感とはちょっと違いますが。

やはりその特徴として、
『実際には目に見えないけれど道筋を見出している』

特有の問題意識なのか、発展的な未来視点なのかそれぞれですがそんな感覚を持っているのではないか?と思います。

そしてなかなか、それは理解されない(苦笑)
急にペースダウンもしますし、急旋回もある。

なので彼らはそのままイコール、リーダーやトッププレーヤーでもなく。

ただそこに存在するフロントランナーです。

どんな世界でも、道なき道を進む覚悟と時々立ち止まって振り返る勇気を持つフロントランナーたちはこれからもっと必要とされるはずです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog